見出し画像

光れ、青春の一投。モルックを通じて移動先での楽しさを再発見した日

KINTO

こんにちは!9月に入ってもあつい日が続きますね。
あつい…といえば、最近人気に火が付き始めているモルックはご存じでしょうか?フィンランドの伝統的なゲームを元に考えられた、老若男女楽しめる&手軽に持ち運べるという他にはない魅力があるアウトドアスポーツなんです!
実はこのモルック、キャンパー界隈ではもう既に流行中!?クルマのさまざまな楽しみ方や魅力を発信する一環としてモビキャンを開催しているKINTOとしては縁を感じずにはいられず、今回は9月4日に開催された「第二回全日本モルック学生大会」にブース出展してきました。KINTOは若年層の方に特にメリットの多いサービス。学生の皆さまの素敵なカーライフを応援したい!そんな想いで過ごした当日の様子を、PR担当コギソがお届けします。

<モルックのルール>
モルック(木製の棒)を投げて、スキットルという1~12までの数字が書かれた木製のピンを、合計50点ちょうど倒した方が勝ちとなります(50点を超えてしまった場合、25点へ減点されゲーム継続)

第一回目は昨今の状況でオンライン開催だったため、リアルでの開催は今回が初。「光れ、青春の一投。」をキャッチコピーに、北は青森から南は熊本まで日本全国から全60チームが新大阪駅からほど近い日之出公園に集結し、青空の下、大会はスタートしました。さすがは全国大会、レベルが違います!

肩を固定して、モルック(木製の棒)を真っすぐ投げるのがコツ。
スピンをかけて投げる上級技も。
しっかり狙いを定めます。

トーナメント制で進行される本大会。公園の各所から応援の声が聞こえてきます。良い一投には歓声が上がり、拍手でエールを送る文化にとても感動しました。まさに「青春の一投」

空き時間には、KINTOメンバーもモルックに挑戦させていただくことができました!頭と体を同時に使って高得点を狙うことが楽しかったです!

私の渾身の一投!結果は……0点。がびーん・・・
50点ちょうどになれば勝利。〇は狙い通り倒せた証です。

そして、今回は参加学生の皆さまに、各回の持ち時間の間や休憩時間を利用してKINTOブースへ「クルマのサブスクKINTOとは何ぞや」と話を聞きにきていただきました。
実際、モルックを行う場所まで皆でクルマで移動することも多いそうで、サブスクという新しいクルマの持ち方にも興味を持ってくださる方が多く、「クルマ買わなくても十分楽しめそう」など非常にうれしいお声をいただきました!

KINTOはトヨタの新車に乗れるサブスク!
どなたでも乗れる自動車保険が月額利用料にコミコミ
メンテナンス費用もコミコミ
気軽にクルマに乗ることができます!

▼説明を聞いてくださった学生の皆さまからいただいた声
・自動車税や保険料については詳しくないから、コミコミなのは楽で良い!
・年齢が若いと保険料が高いことを知らなかった。KINTOお得かも。
・免許をとったらメンテナンスの手厚いKINTOを検討したい。
自動車税や自動車保険、車検代、メンテナンス、消耗品交換、故障修理・代車費用などが月額利用料に含まれていて、気軽にクルマに乗れる点に興味を持ってくださる方が多数いらっしゃいました。そう、KINTOは保険料が高くなりがちな若年層の方や運転初心者の方にぴったりなサービスなんです!

皆さまに話を聞いていただいたところで、決勝がスタート!ギャラリーも多くなり緊張の一投が繰り広げられます。

慎重に狙いを定めます。

激闘の結果、優勝は……大阪府 岩倉公園使節団の皆さま!おめでとうございます!

良い笑顔

KINTOのブースで話を聞いてくださったチームの方には抽選でモルック(木製の棒)をプレゼントしました。

抽選結果発表の瞬間
ガッツポーズ!
ぜひたくさん使っていただけるとうれしいです

記事から熱気は伝わりましたでしょうか?
KINTOはこれからも “一人ひとりの「移動」に「感動」を” をビジョンに掲げ、移動先でのよろこびも提供する企業として、そこで楽しめるコンテンツの魅力をお届けしていきます。
この記事を見てくださった方は、ぜひ移動先のキャンプなどでモルックを楽しんでみてくださいね!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。