見出し画像

トヨタの電気自動車・bZ4X試乗会日記

KINTO

みなさん、トヨタの電気自動車ってご存じですか?KINTOでは今年からトヨタ初の量産型電気自動車・bZ4X(ビーズィーフォーエックス)の販売を開始しました。
「bZ4Xが気になるけれど、乗ってみないとわからない」というお声にこたえ、ぜひその性能を体感いただきたい!という思いから東名阪の3会場でbZ4Xの試乗&相談会を開催いたしました。
会場は愛知(名古屋・星が丘テラス)、東京(二子玉川・蔦屋家電)、大阪(枚方・T-SITE)とおしゃれなエリアでの開催。その様子と、みなさまから特に多かったご質問をイベント担当のウチカワがレポートしたいと思います!!

bZ4Xとは!?

トヨタ初・SUVタイプの量産型電気自動車。
先進的なデザインはもちろん、電気自動車ならではの静粛性とスムーズな加速が特徴です。

私も運転しましたが、本当に静かな走りなのに加速もすごく、坂道でもアクセルを少し踏み込むだけでグン!と進み、ガソリン車とは違う加速感がやみつきになりそうです。さらにJBLスピーカーが標準装備されており、静かな車内で音楽を存分に堪能できます♪
後ほど実際に試乗いただいたお客様のお声もお伝えします。

※展示車は特別な塗装を施したbZ4Xです。展示のカラーをご選択いただくことはできません。

試乗会の様子

まずは名古屋会場。
星が丘の通り沿いに大きくKINTOロゴが光ります!

11月中旬の屋外でのイベントでした。肌寒い中でしたが、たくさんの方とお話しすることができました♪ 特に学生さんも多かったので、将来bZ4Xに乗りたいなーという風に思ってもらえたらうれしいです。中には「クルマのサブスクが今後普及するか」についてゼミで研究したいという嬉しいお声もいただきました!

夜は車の下からライトアップ!後ろの階段スペースには星が丘テラスの恒例クリスマスイルミネーションが。とってもきれいでした・・・!

続いては東京会場。
二子玉川蔦屋家電さんの中にドーンと登場です!

お話スペースはSOLSO HOMEさんにより植物をたくさん装飾してもらいました!おしゃれ・・・!

最後は大阪、枚方T-SITEです!
こちらも夜間に映える展示。KINTOロゴキラキラです!

寒い中足を止めていただいたみなさま、ありがとうございましたmm
3会場で約300名の方にご試乗いただきました。

「すごく静かな走りだった!」
「加速性能が抜群だね。」
「車内空間が広いので乗りやすいです。」

このように電気自動車ならではの走りにご満足いただいた声が多くみられました。
一方で、充電インフラが不安・・・という声も多かったため、今回のイベントではトヨタ自動車の担当者による「充電相談会」を開催。KINTOのサービス・料金に関する相談だけではなく、充電のお悩み相談も実施し、安心できた!というお声も頂戴しました。

特に多かったご質問

お客様から多くいただいたご質問をピックアップしてご紹介いたします!

Q.思ったより大きく見える!サイズはどれくらい?
A.トヨタ車のRAV4と同じくらいのサイズです!新開発のプラットフォームにより、ロングホイールベース化を実現し、広い室内空間を確保しました。RAV4よりも前後席が55㎜広く、ゆとりある空間を体感いただけます。

【全長×全幅×全高】4,690mm×1,860mm×1,650mm

Q.満充電でどれくらい走るの?
A.カタログ記載の航続距離測定値(WLTCモード)では559km(※)と、なんと500㎞を超える走行距離を実現しました!実際の航続距離は、使用環境や走行状況で変動します。詳しくはこちら
(※) 2WD・18インチタイヤの場合。一充電走行距離は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて値は大きく異なります。

Q.充電方法は?
A.”急速充電”と”普通充電”の2通りの充電方法があります。
急速充電ができる施設としては、コンビニや道の駅、高速道路のサービスエリアなどが挙げられます。全国に約7,500基のご用意があります。普通充電ができるのはトヨタの販売店や商業施設・宿泊施設などで、全国に約13,000基あります。もちろんご家庭で充電器を設置して充電することも可能です!
※2022年6月末時点

Q.充電時間は?
A.使用する充電ポートによって充電時間が異なりますので、利用シーンに合わせてどちらかをご選択いただきます!例えばお買い物中に急速充電器(50kW)で30分充電すると、約195km走行することもできます!
※実際の航続距離は、使用環境や走行状況で変動します。

Q.通常の購入はできる?
A.bZ4XはKINTOのみでご提供しております(※)。
電気自動車はバッテリーの劣化などにより将来価値(買取価格)が不透明と言われていますが、KINTOでは5年目以降は中途解約金不要、お乗りいただく期間中だけKINTOの月額利用料をお支払いいただくスタイルなので将来的な買取価格の不安を感じることなくご利用いただけます。
さらに月額利用料には自動車税・自動車保険・メンテナンス・消耗品などがコミコミという通常のKINTO ONE商品性に加え、電気自動車の大きな不安である「駆動用バッテリー保証」も付帯いたしました!安心して電気自動車を持つことができるプランでご提供いたします。
(※)個人契約の場合。法人契約はKINTOに加え、トヨタレンタリースでも承ります。

Q.いくらで持つことができるの?
A.2022年10月26日のプラン改定により、さらにお求めやすい料金設計を実現しました!ご契約時にお申込金をお支払いいただき、そのあとは月額利用料をお支払いいただきます。当初4年間の月額利用料は106,700円ですが、国や地方自治体からの補助金が支給される場合はここから補助金分が減額されます。
5年目以降は、段階的に月額利用料を引き下げ、さらに中途解約金も不要、初めての電気自動車でも安心しておのりいただける料金設計になっています!

具体的な補助金の金額についてはこちら

Q. bZ4Xにお申込みいただく方はどんな人が多い?
A.実は個人事業の方や法人の方の比率がなんと50%を超えており、事業用としてご契約されている方も多くいらっしゃいます!KINTOは月々定額のためキャッシュフローが安定し、さらにクルマにかかる費用をまとめて経費計上できるため、法人のお客様にもメリットが多いんです。

実際にご来場者様とお話をした際、多くの方から「KINTOのサービス内容をよく知らなかったけどいいね!」というご意見をたくさん頂戴し、感無量でした!!このイベントを機に電気自動車やbZ4X、さらにKINTOに対して、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました♪

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!