見出し画像

「解約金フリープラン」がレクサスでもご利用可能に

KINTO

株式会社KINTOは、所定の申込金をお支払いいただくことで、中途解約にかかる解約金をゼロにする「解約金フリープラン」※¹について、トヨタの各車種に続き、2022年秋より、レクサスでもご利用いただけるようにします。

「解約金フリープラン」の特徴

以下に記載の内容は、現時点で「解約金フリープラン」をご利用いただけるトヨタの各車種の場合で、レクサスについては、今後、申込金の金額など、詳細をお知らせします。

➀解約金ゼロ!ご利用いただける期間がより柔軟に

ご契約の際、月額利用料の約5か月分※²に相当する申込金をお支払いいただくことで、中途解約にかかる解約金をゼロにします。

これにより、お客様のライフイベントを最優先に、より柔軟にクルマのご利用期間をお決めいただけるようになります。

②「同じクルマに乗り続けたい」ニーズにお応え

ご利用期間を3年からスタートとする一方、ご契約の満了時、月額利用料の約3か月分※³に相当する申込金をお支払いいただくことで、「これまでお乗りのクルマの『再契約』」もお選びいただけるようにします(「再契約」は2回まで。当社規定の審査へのお申込みが必要です。1回あたりのご利用期間は2年のため、最長7年ご利用可能)。

これにより、「利用するうちに、同じクルマにこのまま乗り続けたくなった」といったお客様のニーズにお応えしていきます。

③長く乗れば乗るほどリーズナブルに!

月額利用料は、所定の申込金をお支払いいただくことで、当初設定する3年のご利用期間中、「初期費用フリープラン」に比べて、約10%安く※⁴なります。

加えて、「再契約」の場合には、その都度、所定の申込金をお支払いいただくことで、3年のご利用期間中と比較して、月額利用料は約15%、さらに、2回目の「再契約」の場合には約30%安くなるため、クルマに長くお乗りいただければお乗りいただくほど、リーズナブルになります。

▼「初期費用フリープラン」との違いについて詳しくはこちら
▼レクサスのラインアップについてはこちら

なお、今回の「解約金フリープラン」へのレクサスの追加にともない、これまで「初期費用フリープラン」で中途解約金のお支払いを免除していた措置(以下のケースに適用)について、22年6月30日(木)午前0時より、トヨタ・レクサスのすべての車種で廃止します。

▼免許返納の場合
 ご利用開始から6か月以上の期間のご利用が前提

海外転勤の場合
 
日本国籍を有する人が勤務先により海外駐在を命ぜられる場合に限る

▼道路交通法第103条第1項第1号、第1号の2または第2号の規定により、免許が拒否されるか、もしくは保留される場合

KINTOは、今後も、お客様の多様なニーズにお応えできるよう、さらにフレキシブルなサービスへの進化を目指していきます。

※¹ 現時点ではトヨタ車種が対象で、今回レクサスを追加する予定。GRヤリス“モリゾウセレクション”については今後検討を進めていきます。

※² 「初期費用フリープラン」で同じ車種を3年でご契約いただいた場合の月額利用料がベース。

※³ 当初設定する3年の月額利用料がベースで、「再契約」ごとにお支払いいただく必要があります。月額利用料は、車種やグレード、オプションによって異なるため、再契約後の具体的な月額利用料は、満了の5か月前を目途に、弊社からお客様にご案内する予定です。

※⁴ 「初期費用フリープラン」で同じ車種を3年でご契約いただいた場合の月額利用料と比較。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!