見出し画像

名古屋グランパス 長澤選手・中谷選手の本音がぽろり。焚き火を囲んだチルタイム。

KINTO

こんにちは。最近は涼しい日も増えて、すっかり過ごしやすくなりましたね。キャンプ好きな私シマダですが夏は暑いのでここ最近は山に行くことを控えていました…が!この度以前から計画していた名古屋グランパスの長澤選手・中谷選手出演のキャンプイベントを、今とっても話題のノルディスクのキャンプ場(Nordisk Hygge Circles UGAKEI)で開催できることに…!今でも興奮覚めやらぬ私が企画から当日の様子まで、その裏側をお届けします。

選手の素の部分を見てみたい

KINTOでは一人ひとりの「移動」に「感動」をお届けしたいと考えています。その一環として、昨年12月にKINTO ONEをご契約いただいている長澤選手をお招きし、デイリールーティーンについてお話いただきました。参加者の方からは嬉しい感想をいただき好評だったため、第2回も開催しよう!ということになりました。

2回目にあたる今回の企画を考える中で、ふと、選手って普段どのように過ごされているのか気になりました。私からするとプロの選手って雲の上の存在で、サッカーをしている時以外の想像がつきません。きっとみなさんも同じ気持ちなんじゃないかと思い、本音をテーマにするのはどうかと思いつきました。そして、本音を語っていただく場所としては、自分がキャンプの際に実施していた「焚き火」が最適なのではと考えました。しかも、長澤選手も確か以前いただいたコメントでキャンプに言及されていたような…よし、これは可能性がある!ということで企画を進めていきました。

焚き火は癒し効果があります

焚き火をするためのキャンプ場探しをする中で、一緒に企画を進めていたマサカさんが以前長澤選手がインスタで開業予定のキャンプ場について投稿していたことを思い出しました。それこそが、今回の舞台となる三重県いなべ市の「Nordisk Hygge Circles UGAKEI」。私も以前から気になっていたキャンプ場ですが、当時は開業時期も発表されていない状態でした。

世界観が素敵すぎる

だめもとで連絡をとってみたところ、まさかのご担当サノさんは第1回のトークイベントを視聴いただいており、「イベントでの利用も大歓迎!」とのミラクルが…!まだ詳細が明らかになっていない素敵なキャンプ場でイベントができそうとのことで、一気に私たちの仕事にも熱がこもっていきます。そこから、台本を考えたりイベントの告知を進めるなどして、あっという間に時間が過ぎていきました。

奇跡的に迎えられたイベント当日

トークタイム当日の天気予報は、前日までずっと雨でした。配信場所は川のすぐそばであるため、雨量によっては水があふれる危険性も。となると当然配信は出来ません。…ここだけの話、開催が確定したのはイベント前日の夜でした!

当日、なんとか天気が持ちそうなことにほっと一安心。いなべ市は自然が豊かな場所ということもあってなんとも心地良い雰囲気。現地でバーベキューや川遊びをされている方たちを内心羨ましいなと思いつつ、せっせと準備を進めていきました。

豊かな自然に囲まれた、とっても素敵な場所
川の水は透明感があって冷たかったので、スタッフの飲料を冷やしてみました

準備を進めていたところ、本日の主役である長澤選手・中谷選手が到着!KINTOで契約いただいているクルマに乗っていらっしゃいました。雑誌の表紙ではないかと思うくらい光り輝いています。

長澤選手とランドクルーザープラド。笑顔がまぶしい…
中谷選手とハリアー。白いクルマが良くお似合いです。

選手とお話したところ、このキャンプ場はクラブハウスで選手間でも話題になっていて、この場所に来られたことがすごく嬉しかったご様子。クルマでのお出かけはというと、長澤選手は岐阜の川にご友人を連れていかれることが多いそう。中谷選手はクラブハウスまではもちろんのこと、お忙しい中なんとお子さんの送迎でもクルマに乗られているとのこと!配信中、なかなか休みがとれず泊まりのキャンプに行けていないというお話がありましたが、それはサッカーに加えて育児も積極的に取り組まれているということなんだろうな…と色々想像してしまいます。

配信前から、とても楽しそうなお二人

そして、遂に両選手が現場入り。当日は制作・音響・照明やカメラマンの方、運営などこんなにたくさんのスタッフさんに支えられていました。

配信前の事前打ち合わせ中。テントの設営は、LANTERN編集長タガワさんのおかげですぐ完了!

自然豊かな場所から配信するって実は大変なんです。辺りは夜真っ暗になるので見やすくなるように強力な光で照らしたり、普段電波が届きにくいような場所で安定的に電波を確保できるようにしたりと、やることがたくさんありました。

背景には、100セット限定で作られたノルディスク史上初となるレッド系のテント「Asgard7.1」

待ちに待った本番、遂に開始!

そんなこんなで、遂に20時に!待ちに待った本番が始まりました。技術現場の総監督であるサトウさんのお声がけで撮影までのカウントダウンが始まります。「テレビ撮影ってきっとこんな感じなんだろうなぁ」なんて安直な感想を抱きながら、本番を迎えます。

サトウさんにはディレクター兼カメラマン兼配信担当と何役もご担当いただきました
遂に開始

トークの冒頭、中谷選手からヒュッゲの環境について「最近日本で流行ってるチルってことね」とのお言葉が。「チルっぽい雰囲気にしたい」というのは私たちが企画時点で数えきれないほど口にしていたこともあり、選手がそう感じてくださったことに嬉しさがこみ上げます。

選手達は、焚き火トークもしつつ焚き火の世話も

両選手の会話の中で度々登場していた「長澤選手のキャンプに詳しい友人」。…実は、当日薪のプロとして入ってくださっていたウダガワさんなんです!今回カメラマンとして入っていただいたダイゴさんもそうなのですが、実は今回のスタッフ長澤選手のお知り合いがとっても多く、世間の狭さと長澤選手のお顔の広さを同時に感じました。そういうこともあってか、撮影現場はとってもアットホームな雰囲気でした。

司会のノムラさんも長澤選手のお友達
トーク中、選手の意外な一面も
この写真の背景にある焚き火を映すために、強力な照明と相当な技術が必要でした
選手達にも、配信されている内容がわかるようにこの写真のようなモニターが見えていました
周囲はこんなに真っ暗。
配信中、音声含め問題なく届いているか常時チェックしていました
こちらのスイッチャーを使って、複数のカメラを切り替えています。

選手同士が実際にやりとりされているのをこれまで拝見したことがなく、どんな感じなんだろうとワクワクしていたのですが、個人的には「高校の同じ部活の先輩後輩」くらいの、とても近くて自然な印象を抱きました。特に本番中、中谷選手が「和輝くんは話深堀っていくとどんどん…(笑)」と仰っていることに対し長澤選手が笑いながら「本音トークって言ってるんだからやめろよ(笑)」と仰っていたあたり、すごく選手達の素の部分が見えた気がしました。

無事本番を終えて

そんなこんなで無事配信が終わり、お二人に感想を聞いてみました。

長澤選手
めっちゃ面白かったです。(たくさんの方に)撮影いただいてたんですけど、そんなこと感じないくらい気を遣わずに話せました。普段チームメイトと会話しますがライブ配信されていても気を遣わずに話せるってあまりないので、そういう意味で自分としても新鮮でした。移動の楽しさをすごく感じました。

中谷選手
本当に楽しかったです。90分ってちょっと長いかなって思ってたんですけど、意外とすぐ終わりました!クルマを利用してどこかに行くっていうのは本当に楽しいことで、今日はアウトドアということで和輝くんと話せたけどいつもと違った感じで楽しかったです。その道中のドライブ楽しかったです。「KINTO上層部さん、シリーズ化期待!」と入れといてください。(笑)

最初はスタッフの多さにびっくりされたかもしれませんが、焚き火効果もあってかたくさん本音をお話いただけて、とても素敵な時間になりました。

放送終了後のオフショット
最後にスタッフみんなでパシャリ

そして、当日残念ながら視聴できなかった方にも朗報が。当日の様子はこちらのYoutubeからいつでもご覧になれます!前半では選手のキャンプグッズから子ども時代のことまで幅広いテーマをお話いただき、後半ではみなさまからのご質問に回答いただく盛沢山の内容になっています。

今回トークタイムの裏側ということでレポートをお送りしましたが、実はまだまだここにも掲載できてないお写真がたくさんあります!そちらは、ノルディスクの情報が解禁になったタイミングでまた改めてみなさんにお届けするので、楽しみにしていてくださいね。

当日視聴いただいたみなさま、そして長澤選手・中谷選手、当日支えてくださったスタッフのみなさま。どうもありがとうございました!またみなさまに楽しんでもらえるような企画を考えていきたいと思います。

グランパス関連記事はこちら

キャンプ関連記事はこちら

この記事が参加している募集

私の仕事

アウトドアをたのしむ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!