重い腰をあげてクルマを掃除してみたら
見出し画像

重い腰をあげてクルマを掃除してみたら

KINTO

最近は感染の勢いが強まっており、なかなか自由にお出かけできない日々が続きますね。そんな状況の中で、私シマダは少しずつ自分の物の断捨離やお家のお掃除を進めています。年末の大掃除以降週末を中心にちょこちょこ対応していたのですが、そんな中でもひたすらに後回しにしていたもの・・それはクルマのお掃除です。

何で後回しにしていたんだろう・・ふと考えてみたのですが、やっぱりお家で過ごす時間が多いためそちらを優先していたこと、またクルマ(具体的には車内)ってどう掃除したら良いのかよくわからないってこともあって、なんとなく後回しにしていました。えぇ、完全に言い訳です。

でもよく考えたらクルマも頻繁に使うものなんですよね。いくら衣服を洗濯して手を消毒したところで、クルマが汚れていたら意味ないんです。という訳で、ようやく重い腰を上げてクルマの掃除をやってみることにしました。以下、掃除のお話ということで汚い写真もでてくるのですが、もしよろしければお付き合いください。

どうやってクルマを掃除しようか

最初に思いついたのはコロコロですが車内全体をそれで済まそうとすると割と大変な予感がしたので、今回はモビマのプログラムからRentioが提供しているレイコップをレンタルしてみました。

キャプチャ切り取り

レンタルは、WEBから簡単にできます。びっくりしたのが、注文した商品の届く早さ。私は2月2日に注文したのですが、翌日にはもうお家に届きました!こんなに早く届くなんて・・この週末使いたい!という場合でも活用できそうですね。また、レンタル期間終了日=返却する商品の到着日ではなく、自分が返却商品を手配した日なんです。2週間たっぷり使えて輸送にかかる時間を計算しなくて良いのも、地味に嬉しいポイント。

最近よく聞く家電レンタルって実際どうなの

さて、いよいよ宅配便が届きました。その中身はこちら。これらの部品に説明書がついていました。

画像6

実は私、家電レンタルをするのはこれが初めてでした。新品ではないので、ある程度使用感のある感じのものが届くのかなと思っていたのですが・・・

画像3

このピカピカ感、伝わりますでしょうか。新品かなと思うくらいきれいでした。ごみが入る場所も全く汚れておらず、このようなご時世でも安心して使えそうです。組み立てもすごく簡単で、1分程度で終わりました。

さっそく車内の掃除を始めてみる

部品を組み立て充電完了、早速クルマのお掃除スタートです。使った感想としては「軽くて思った以上にいろんな場所をすいすい掃除できる!」です。このお写真のようにシートはもちろんのこと、

画像4

こんな風にシートの下などなかなか手が届きにくい場所でも、簡単に掃除できました。

画像5

このレイコップ、ごみの吸引だけではなくUV照射も同時にできる優れもの。ササっと手軽に扱えるので、ちょっとした時間でも掃除が捗りそうです。

掃除した結果

10分くらい一生懸命掃除をしてみました。その結果がこちら↓

画像6

えっ

こんなに汚れていました(汗)。短時間でこれほど吸引できると思っておらず、今までこのごみたちと一緒にドライブしていたのかと思うといろんな思いがこみ上げてきました。

ちなみに、ハンディという利点を生かしこの後洋服やカーテンなど、さまざまなものをひたすら掃除してみたのですが、結構な量のほこりがとれました。これらはある程度定期的に掃除をしていましたが、まだまだごみって溜まってるんですね。

正直レビューでお伝えしておくと、ハンディで使い勝手が良い一方、充電の切れが少し早いと感じることがありました。ただ私のように一気に片っ端からかけていくのではなく、定期的に日々少しずつやれば問題ないと思います。

今だけお得な話

今回使ったRentioのレンタルですが、実はモビマから期間限定で割引クーポンを出しています。レンタルの際にクーポンコードを入力いただくと、なんと10パーセントオフになります!私も使ったこのクーポン、ぜひこの機会に使ってみてください。

一通り車内の掃除を終えた後にクルマに乗ったのですが、やっぱり気分が良かったです。この記事を読んでいただいている読者の方も、日々お世話になっている相棒のクルマに、これを機に恩返ししてみませんか。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Thank you!
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。