見出し画像

「プラド女子 はじめてのクルマライフ」KINTO公式アンバサダー那月結衣 インタビュー

KINTO

クルマの免許をお持ちの皆さん「初心運転者期間」を覚えていますか?
免許取得者は取得後の1年間を要注意の期間とされていて、クルマを運転するときはクルマの前後に若葉マークをつけなくてはいけないという決まりがあります。

そんな若葉マークつきの最初の愛車に大型SUVランドクルーザー プラドを選んだ、KINTO公式アンバサダー那月結衣さんのクルマライフをインタビューしました。

KINTO公式アンバサダーとは?

2022年3月KINTOはライブ配信アプリ「17LIVE(ワンセブンライブ)」の中で、KINTOのPRをするKINTO公式アンバサダーを募集し、オーディションを行いました。多くのライバーにご参加いただき、那月結衣さんが選出されました。

左:KINTO マーケティング企画部 主幹 小池瑛之 
中央:那月結衣さん 
右:17LIVE 執行役員 須藤芳紀さん

7月1日には、アンバサダー出演KINTO公式ライブ配信が始まり、初のライブコマースが放送され、リアルタイムで多くのリスナーにご覧いただきました。

左:司会Junさん 
中央:那月結衣さん 
右:KINTOのコンシェルジュ片野さん

那月さんは2022年3月に普通自動車免許を取得したばかり。取得した翌週にKINTOの公式アンバサダーに応募し、選出された後は試乗することなく大型SUVランドクルーザー プラドを選び、納車された翌日に軽井沢にドライブに行くという、アクティブさが魅力ですが、本人はインドアなタイプと自認されているのだとか。

はじめてのクルマライフで那月さんにどんな変化があったのかKINTOのマサカがお伺いしました。

那月結衣
<プロフィール>

ライバー、タレント、モデル
14歳から芸能界に入り、アイドル、グラビア、女優、モデルと経験。23歳の時にライバーのお仕事と出会う。現在はライバーをメインに活動中。
<経歴>
・初代TSUTAYAプリンセス
・ユニゾンリーグCM
・仮面ライダー鎧武 イヨ役
・バンダイファッションネットモデル など

1. KINTO公式アンバサダー那月結衣さんってどんな人?

―普段はどんな活動をされていますか?
週5日~6日お家からライブ配信をしています。ライブ配信をはじめたきっかけはスカウトです。続くかな?と不安だったけど、ちょうど5年目にはいりました。基本的にはリスナーさんがお題をだしてそれに答える形で、その日あった出来事や、自分の性格を伝える配信をしています。


配信中の様子

―KINTO公式アンバサダーに応募されたきっかけは?
2022年3月に免許をとったばっかりです。免許をとろうと思ったきっかけは、まわりの友達がどんどん免許を取り始めてきていたからです。思い立って自動車学校の予約をいれました。ここでいかなかったら、一生取りに行くことがないかもと思い行動していました(笑)。

ここへ行きたい、あれがしたいではなく、ただ、免許を取りたいということだけが原動力でした。なので、アンバサダーになっていなかったら、そのままペーパードライバーになっていたかもしれません。

免許をとった翌週に公式アンバサダーの募集を見つけ、リスナーさんに背中を押してもらって参加を決めました。

ーKINTOはご存じでしたか?
今まで自分でマイカーを持ったことがなかったので、KINTOのことは知りませんでした。最近サブスクという言葉をよく聞くなぁ、こういうのがあるんだぁというくらいで、このクルマの持ち方が通常なのか珍しいのかというのも分からなかったです。

リスナーさんもKINTOを知らない方のほうが多かったですが、イベント(オーディション)に参戦しているときに全部調べあげてくれて、私より詳しくなっていました。リスナーさんの行動力は本当にすごいです。

2. 初めての愛車に大型車SUV!なんで?

―クルマを申し込みしたときのエピソードを教えてください。
実際にクルマを見にはいかなかったのでクルマの形は画像で調べました。クルマの申し込みはすべてが順調で、KINTOのコンシェルジュ片野さんの説明をうけながらWEBから申し込んだのですが15分くらいで終わりました。めちゃくちゃ早かったです。

納車時に対応してくれた販売店のスタッフさんも「メンテナンスは無料なので来てくださいね!」と声掛けしてくれたり、最近も「困ったことないですか?」と電話をかけてきてくれて、車内の臭いについて相談したところ「新車によくあるのですが…」と丁寧に教えてくれました。

―プラドを選んだ理由を教えてください
プラドを選んだ理由は、女子がのっているとかっこいいよねという意見をリスナーさんからもらったのと、レンタカーでハリアーにのったときに安定感があったんですよね。車高の高いクルマでだと、高い位置から周囲を見た方が視界が良く、道路が広く感じられました。それで、私自身も大きいクルマがよいと感じました。

でも、危なそう怖そうという気持ちもありましたが、リスナーさんからは「運転しやすいかしにくいかは結衣ちゃん次第だけれど、これを乗りこなせたら、あとは何でも乗れるよ」とアドバイスもらいました。

何かあったときにしっかりしているクルマの方がいいんじゃないかなって親からもアドバイスをもらいました。大きなクルマの安心感ってすごいんです。その点でもプラドはおすすめです。

納車式の模様

納車時にはじめてクルマをみて「でかい!」って思いました。でも、のってみると視野は広いし運転するとがたがた感がなくて、すごい自分にフィットしている感がありました。広く見渡すために、座席を一番上に上げて乗っています。

―クルマが納車されてからどこに行きましたか?
9月28日にクルマが納車されて翌日の29日に、軽井沢に行きました。途中までは友達に運転してもらいましたが、現地では運転しました。都内よりは運転しやすかったです。

大型スーパーにもいきました。ナビで1時間とでた道のりを1時間30分くらいかけて安全運転でいきました。キッチンペーパーとトイレットペーパーを買ったのですが、とても大量だったので、クルマの中にいれたままにして必要な時に必要な分量を出しています(笑)。

―どのくらいの頻度でクルマに乗っていますか?
週2,3回、近場でここまで運転してみようかなと目的地を決めて練習しています。友達とか家族に横をみてもらいながら、狭いところの駐車を頑張っています。今クルマをとめている機械式駐車場はプラドがぎりぎり停められる幅で、ほぼタイヤが擦れているのではないかと思うほどなので、正直隣に誰かいないと怖いです。めちゃくちゃ慎重に時間をかけて駐車をしています。

初々しい若葉マークをつけて車庫入れ練習

3.クルマがある生活で変化したこと

―もともと、お出かけがお好きなタイプですか?
もともとはあまりアクティブな方ではなく、予定がなければ家からでないで漫画やゲームをして過ごすことが多く、お出かけは夜ご飯を食べに行くくらいでした。なので、自分のことはインドアっぽいなと思っていました。

クルマがやってきて外出の機会が増えました。駐車の練習をしたり、お買い物にいったりと近場にクルマで行くこともありますが、海が好きなので午前中から千葉の海へ行って、そのあとアウトレットに寄ったり一日をフルに移動する日もでてきて、家にいて「ぼーっ」と部屋着のまま過ごすことが減りました。外に出るのが嫌いなわけではなかったので、予定さえ決めてしまえば、楽しみでしょうがない自分がいます。

広い荷室を活用してご飯を食べることも

お台場に行くこともあります。広い駐車場があるのでバックドアをあけて食べたり飲んだりすることができ、今度は友達とハンバーガーを食べたいなと思っています。
この冬は北海道の函館で美味しいものを食べたいなと思って、レンタカーの旅を想定して、モビマ(モビリティマーケット)(https://mobima.kinto-jp.com/)ポイント1万円分をトヨタレンタカーのクーポンに引き換えました。しかし、雪だと運転が怖いと気づきましたので、またの機会に使用したいと思っています。

―これから挑戦してみたいことはありますか?
これから頑張りたいことは高速道路の運転です。軽井沢にいったときに1回だけ乗ったのですが、「すみません!のろまですみません!」っていいながら運転していました。首都高に挑戦するのはまだ怖いのですが、まずは地方の高速からのれるようになりたいです。そして、地元の三重県四日市市や、伊勢神宮、温泉、そして名古屋にもドライブしてみたいですね。


編集後記
クルマが納車されてからいろいろなチャレンジを続けている那月さん。インタビュー中何回も「(私は)アクティブなタイプではないんで…。」とおっしゃっていたのですが、ご自分でも途中で「あれ?私すごいアクティブなタイプっぽい」って笑っていました。クルマがあると行動範囲が広がり、隠れていたご自身の新たな一面に出会うこともあるんですね。

ぜひ、高速道路の練習で運転に自信がついたら、名古屋の駅前にあるKINTO本社にも遊びにいらしてくださいね。スタッフ一同お待ちしています!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!