在宅ワーママがGoPro Hero9を借りたら、世界がちょっとだけ広がった話
見出し画像

在宅ワーママがGoPro Hero9を借りたら、世界がちょっとだけ広がった話

KINTO

こんにちは。どの会社にもいるであろう、在宅ワーク続きで「あの人、今、何をやってるいるのだろう?」と思われがちな、在宅ワーママ、マサカです。

子供達の休園や休校が続きすぎて、何の仕事をしているか、どうやって息抜きをしていたのか、わけがわからなくなってきている、そんな私が最近みつけた趣味の話を書きます。

画像9

ドライブするときのお出かけ先や、クルマライフを充実させるサービスをお届けしているモビリティマーケット(以下モビマ)では、ドコモのデバイスレンタルサービスkikitoのプログラムをご紹介しています。

担当者から、モビマを経由して申し込みをすると、通常価格の1,000円引きでさまざまな家電をレンタルすることができると聞いて、ちょっと興味をもっていたGoPro HERO9 Black アクションカメラ アクセサリーセット(3-way他付属)をレンタルしてみることにしました。

画像6

在宅続きで閉塞感溢れる毎日にいっぱいいっぱい。流れをかえるために新しい何かにチャレンジしてみたかったというがレンタル理由です。

思い立ってすぐに申し込んだら、ものの5分であっという間に予約完了。こんな簡単でいいのかしら?というくらいあっさりと。

最新機種のGoPro HERO10 Blackも選べたのですが、初心者の私には最新機種は使いこなせないと踏んで一つ前のversionにしました。結論からお伝えすると私にはこれで充分でした。

レンタル品というものの概念が覆る

レンタル品というと、使い古されたイメージを持つ方も多いかと思いますが、今回一番驚いたのは、新品のように傷一つない商品が届いたことでした。

画像1

届いた第一印象は「清潔感」

画像2

新品じゃないか?と思うくらい指紋も傷もない、ピッカピカの機材

画像3

説明書は簡単な紙が1枚だけで、とても簡潔

画像7

到着して10分で撮影可能な状況となる

GoProだけを借りることもできたのですが、何も持ち合わせていない素人は、アクセサリーセットも付けたレンタルが正解でした、SDカードがついていて予備のバッテリーもあり、カメラの持ち手にも三脚にもなる3-wayがついているので、すぐに撮影ができてしまいます。

撮影してみよう

カメラをセットして、さて、何か撮ってみようとまわりを見まわしたけど、在宅ワーママには撮るものがない。GoProの動画事例をネットで検索してみると、スポーツをしている躍動感あふれた映像か、登山時の絶景、ドライブ中の映像などが主流。自分が動いて撮るか、動いているものを撮るのが向いているんですね。

混沌とした都心のマンション住まいの私には、動く技術も、動くスペースもない。さらに、動画に残すほどのドライビングテクニックもない。

で、ないないづくしの私が「みんなと共有できる動くものは何か?」と考えた時に、それは「空」なんじゃないか?と気づいたのでした。

画像5

翌日、クルマでちょっとだけドライブ。空がひらけたところに行きました。

カメラの知識はほぼ持ち合わせていない私ですが、GoProの機能にあるタイムラプスで夜空がとれるという「ナイトラプスモード」を選択し、雑に空にレンズを向けて2時間放置した結果がこちらです。

改めて見返すと、オリオン座と、アルデバランとすばるも含まれて構成されているおうし座が映っていることがわかりました。

おうし座は、星をつなぐと牡牛の肩から上が空に描かれるのですが、この星をみて肩から上だけの牛をぱっとイメージしちゃう昔の人の感性はすごい!と感心。私には牛には見えませんでした。まだまだ修行が足りないんだな。

星座一覧_文字入れ


GoPro HERO9 Blackレンタルで世界がちょっとだけ広がった

GoPro HERO9 Blackをレンタルして星空を撮ったら、想像以上に簡単に星が映っちゃって、見返して星座について調べていたら、なんだか楽しくなってきて、よく空をながめるようになったら日中の雲の動きにも興味がでてきて、雲の図鑑を眺めながら、真剣にGoPro購入を検討するようになりました。

今回私は、最短の4日で返却というレンタル方法をとりましたが、もっと長い期間借りることもできるし、買い取りという選択肢もあります。何か新しいこと始めてみたい方、まずはお試しで気になる機材を借りて使ってみるのがおススメです。楽しく使えそうならば、その次を考えればいいのです。

画像8

在宅続きで、何をやっているかわからない毎日が続いている皆さん。空がひらけた場所までドライブしてGoPro撮影をしてみませんか?空は広いです。

世界がちょっとだけ広がるような気がしてきますよ!



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
泣いて喜びます^^
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。