KINTO
新型BEV、bZ4XのKINTO月額利用料を決定/最長10年電池性能を保証する専用プランで5月12日正午より申込み受付開始へ
見出し画像

新型BEV、bZ4XのKINTO月額利用料を決定/最長10年電池性能を保証する専用プランで5月12日正午より申込み受付開始へ

KINTO

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社KINTO(以下、KINTO)は、5月12日より、新型BEV*¹、bZ4Xを個人のお客様にサブスクリプションサービス*²、KINTOでご提供を開始するのに先立ち、月額利用料を決定しました。
〈詳しくはこちら

12日当日は、正午より、WEBサイトまたは販売店を通じて、年内を目途にご納車する分として、3,000台の申込みの受け付けを開始*³します。

月額利用料は、KINTOの「bZ4X専用プラン」で設定している最長10年の契約期間のうち、最初の4年は、CEV(クリーンエネルギー自動車)を購入した際に国から交付される補助金(以下、「CEV補助金」)を適用*⁴した場合、88,220円(税込)*⁵からとし、別途、ご契約にあたって、770,000円(税込)の申込金もお支払いいただきます。なお、お客様のお住まいの地域によっては地方自治体からも補助金が交付されるケース*⁶があり、これを適用し、月額をさらに減額することもできます。
〈詳しくはこちら

一方、5年目以降は、「CEV補助金」の適用はなくなるものの、それまでの月額を毎年段階的に引き下げていくことで、お客様にとって長く乗れば乗るほどリーズナブルになるとともに、中途解約金をゼロとし、フレキシブルなカーライフを支援します。

なお、「bZ4X専用プラン」では、KINTOの通常のプランで月額利用料に含めている自動車保険や自動車税、車検代、メンテナンス代などの諸経費に加えて、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、安心安全のコネクティッドサービス(クルマの状態を見守り、お客様へ安心をお届けする「コネクティッドカーケア」など)の利用にかかる費用を月額に特別に含めることとします。
〈詳しくはこちら

〈コンセプトムービーはこちら

〈本件に関するお問い合わせ先〉
 株式会社KINTO
 マーケティング企画部 井田
 ※お問合せはこちらのフォームからお願いいたします。

*¹ BEV:Battery Electric Vehicle(電気自動車)

*² 車両代金・自動車保険・自動車税・メンテナンス代などを月額に含めたフルサービスリース。

*³ 受け付けは、上記3,000台に達し次第、終了としますので、あらかじめご了承ください。なお、次回は、第2期として、秋口に受け付けを予定しています。

*⁴ 「CEV補助金」として交付される85万円を最初の4年の月額利用料に適用します。

*⁵ Zグレード(FWD)、18インチタイヤ×標準ルーフパッケージ選択、追加オプション無しの場合。10年の総支払い額は、月額利用料の合計8,697,480円(税込)と契約時の申込金770,000円(税込)をあわせて9,467,480円(税込)。また、同じグレード・パッケージで、「CEV補助金」を適用しない場合の月額利用料は107,800円(税込)で、10年の総支払額は、月額利用料の合計9,637,320円(税込)と契約時の申込金770,000円(税込)をあわせて10,407,320円(税込)になります。

*⁶ 補助金の交付の有無、申請方法、金額は地方自治体ごとに異なります。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Thank you!
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。