私が思うKINTOの良いところ3選
見出し画像

私が思うKINTOの良いところ3選

これからKINTO公式noteで発信していく中の人はこんな人なのね、と、身近に感じてもらいたく、今回は番外編として、私、広報のオカベの自己紹介がてら、つらつら書いてみました。ぜひお付き合いください。

会社の自己紹介はこちらから

転職のきっかけ

私がKINTOに入社したのは、2019年6月。
その数ヶ月前、「KINTO」というトヨタから独立した新しい会社が立ち上がるという話を、前職で知り合いだった先輩から聞きました。
「クルマのサブスク?」正直、事業内容を想像できなかったのはここだけの話ですが。
その後、PR・マーケティング職でお誘いをもらい、ビビビッときて、そしてご縁があって入社に至りました。「あの世界のトヨタが新しい挑戦を始めるんだ、ワクワク!」という感じで入社初日を迎えたことも鮮明に覚えています。
ちなみに自動車業界は未経験、マイカーすら所有したことがなかったクルマ素人です。(いまも日々勉強中)

普段の仕事は、企業体としてのKINTOの情報発信を活動の軸に、コーポレートサイトの運営や、公式SNSアカウントの運営、メディアの取材対応など色々やっています。

図1

富士スピードウェイにある、KINTOゲート(イベント広場地下通路ゲート)。最近、これを見に行くついでに、レース観戦デビューを果たし、モータースポーツの魅力・カッコよさに目覚めています!

さて、本題。

ご縁があって、2年前にKINTOに転職してきたわけですが、そしてクルマ素人な私ですが、KINTOっていいなと、結構気に入っているんです。
(広報だからそりゃそう言うやろ!と思ったあなた)もうちょっとお付き合いください。

理由①クルマのこと良く分からない私でもクルマを持てそう!と思わせてくれる

「高いから」とか、「維持費がかかるから」とか、いろんな理由でクルマを所有するのはハードルがあると思っています。
私の場合は、これにプラスして「クルマのこと良く分からないから」。グレード?オプション?何それ、どこがどう違うの?どれが自分に合っているの?検索しても情報は膨大で専門用語が並ぶし、お店に聞きに行くのも、本当にそこで買うか分からないのに迷惑だよな、と思ってしまう。

KINTOは自動車税や保険、メンテナンスなどコミコミのサブスク(月額定額)でシンプル。WEBサイトで自分のペースでシミュレーションできて、途中分からないことが出てきたらチャットで即レスしてくれる。(最近はさらにオンライン相談まで始まって、ちょっと聞いてみたいを解決してくれる)
契約までWEBで完結できて、クルマを手に入れるプロセスが割とカンタン。もちろん販売店に行けばもっと詳しく教えてもらえる。

そんな感じで、クルマを持てそう!最初の1台はKINTOにしてみよう、とクルマに対するハードルを下げてくれるサービスだと私は捉えています。
(広報的に補足すると、"クルマとのもっと気軽な付き合い"を目指したのがサブスクです)

画像3

理由②時代の変化に寛容である

会社の価値基準の1つに「Flexible(フレキシブル・柔軟)」という姿勢があるのですが、それはこのご時世、3年後の生活がどうなっているかも分からないけど、その時々にあった最適の選択をしていたい、という人々の心境にもフィットしている価値観だと思うんです。

サービス性で言えば、3/5/7年契約から選べて、契約途中でも新しいクルマに乗り換えることもできるし、もし不要になったら解約もできる。(手数料はかかるけど最初から明瞭になっている安心感)
3/5/7年先の人生までキチンと設計して、覚悟を決めてエイヤ!と大きな決断をしなくても、いま乗りたいクルマにどうぞ乗ってください!と背中を押してくれる。そんなサービスが今の時代に合っていると思っています。

理由③可能性は無限に広がっている

KINTOは「モビリティプラットフォーマー」なんです。様々なモビリティサービスを束ねるひとつの大きな基盤なんだ、ということをこの造語で表現しています。
5年後、10年後を見据えたときに、サブスクやモビマにとどまらない、まだ想像もできないようなモビリティにまつわるサービスも手掛けているはず。社員の立場からすると、お客さまのご要望や時代の変化に合わせて、色々なサービスにチャレンジしていく、という無限の可能性があるんだなぁと捉えています。

そんな感じで、結局宣伝かよ、と思わせてしまったらごめんなさい。でもこれは本音で、ご縁があってKINTOで働けて、こうして発信できる場もいただけて、光栄に思っています。

そして、せっかくなのでこのnoteを通して、今後みなさまともどんどんコミュニケーションがとれるとうれしいなと思っています!
まだ手探りですが、次回からは、会社の取り組みをゆるりとご紹介していきますのでご期待ください!

画像1


この記事が参加している募集

自己紹介

ありがとうございます!
クルマのサブスクやモビリティマーケットを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。