【緊急事態宣言解除後、旅行・帰省の意向は?】年末年始の予定「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8% 利用したい移動手段は「自家用車」が約8割で最多に
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【緊急事態宣言解除後、旅行・帰省の意向は?】年末年始の予定「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8% 利用したい移動手段は「自家用車」が約8割で最多に

株式会社KINTO

〜2021年度版「ニューノーマル時代の『移動』に関する意識調査」を実施〜

クルマのサブスクリプションサービスを展開する、株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:小寺 信也)は、全国の20~69歳の男女525名に対して、「ニューノーマル時代の『移動』に関する意識調査」を実施いたしました。緊急事態宣言等が10月より全て解除され、新型コロナウイルスの流行が抑えられている現在、今年の年末年始の過ごし方をトピックとして調査いたしました。主な調査結果は、以下の通りです。

■サマリー

画像1

■「ニューノーマル時代の『移動』に関する意識調査」概要
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2021年11月16日〜11月17日
・有効回答:全国の20~69歳の男女525名

年末年始の予定、「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8%

Q1.「今年の年末年始で、旅行や帰省を検討していますか。」と質問したところ、「家でゆっくり過ごす」が60.0%、「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8%という回答となりました。現在は国内で流行が抑えられている新型コロナですが、第6波への警戒から、今年の年末年始も「家でゆっくり過ごす」と考えている人が多い傾向だと言えます。

画像2

・家でゆっくり過ごす:60.0%
・国内旅行:13.7%
・帰省:12.8%

・海外旅行:0.6%
・まだ予定を決めていない:22.7%

約9割が、「コロナ禍における外出自粛/移動制限が、旅行したい欲求につながっている」と回答

Q2.「コロナ禍での外出自粛/移動制限の影響が、旅行したいという欲求につながっていると思いますか。」と質問したところ、「非常に思う」が38.7%、「やや思う」が50.7%という回答となりました。

画像3

・非常に思う:38.7%
・やや思う:50.7%

・あまり思わない:9.3%
・全く思わない:1.3%

約半数が、緊急事態宣言解除で「外出意欲が高まった」と回答

Q3.「緊急事態宣言前と比較し外出・お出かけへの意欲はどうなりましたか。」と質問したところ、「非常に高まった」が12.2%、「やや高まった」が37.0%という回答となりました。

画像4

・非常に高まった:12.2%
・やや高まった:37.0%

・あまり高まっていない:33.8%
・全く高まっていない:17.0%

外出意欲の高まりとともに、約8割が「消費・購入意欲の高まり」も実感

Q4.「外出意欲が高まることで、消費・購入意欲はどうなりましたか。」と質問したところ、「非常に高まった」が14.7%、「やや高まった」が60.9%という回答となりました。

画像5

・非常に高まった:14.7%
・やや高まった:60.9%

・あまり高まっていない:23.6%
・全く高まっていない:0.8%

消費・購入意欲が高まっているもの、「旅行」が81.0%で最多

Q5.「特に消費・購入意欲が高まっているものを教えてください。」と質問したところ、「旅行」が81.0%、「飲食(外食)」が76.9%、「服飾」が16.4%という回答となりました。

画像6

・旅行:81.0%
・飲食(外食):76.9%
・服飾:16.4%

・アクティビティ:14.4 %
・自家用車:10.3%
・美容:10.3%
・PC・スマートフォン:9.7%
・生活家電:9.2%
・電動自動車・ロードバイク・オートバイ:2.6%
・腕時計:2.6%
・ジュエリー・アクセサリー:1.5%
・その他:0.5%

コロナ禍で利用したい移動手段、昨年に引き続き「自家用車」が約8割で最多

Q6.「コロナ禍の今、次にあげる移動手段をあなたは利用したいと思いますか。」と質問したところ、「自家用車」が79.0%、「電車」が47.8%、「新幹線」が42.1%という回答となりました。昨年と比較しても、移動手段として「自家用車」を選択する人は依然として多い結果となりました。また、コロナ禍の落ち着きを反映しているのか、電車は12.5ポイント増、新幹線は21.1ポイント増となりました。

画像7

<コロナ禍の今、「利用したい」移動手段>
・自家用車:79.0%
・電車:47.8%
・新幹線:42.1%

・飛行機(国内線):34.6%
・バス:33.3%
・レンタカー:21.9%
・飛行機(国際線):20.8%
・カーシェアリング:9.1%
・カーリース:8.0%
・車のサブスクリプションサービス:7.8%

コロナ禍で検討したい自動車の利用方法、「レンタカー」が昨対比8.5ポイント増加

Q7.「コロナ禍において、あなたが今後自動車を利用する際、次にあげる利用方法を検討したいと思いますか。」と質問したところ、「自家用車」が77.5%、「レンタカー」が23.2%、「タクシー・配車サービス」が21.1%という回答となりました。昨年と比較すると、「レンタカー」に8.5ポイントの増加が見られました。外出・お出かけ意欲の高まりによって、旅行先などでのレンタカー需要が増えていると推察されます。

画像8

<コロナ禍で、「検討したい」自動車の利用方法>
・自家用車:77.5%
・レンタカー:23.2%
・タクシー・配車サービス:21.1%

・送迎自動車:12.8%
・カーシェア:10.5%
・自動車のライドシェア:6.5%

自家用車の保有形式、「サブスクを検討」は昨対比1.7ポイント増

Q8.「あなたが今後、自家用車を保有するとしたら、どのような保有形式を検討したいと思いますか。」と質問したところ、「現金一括購入」が68.1%、「ローン(残価設定型)」が23.1%という回答となり、概ね昨年通りと言えるでしょう。「サブスクリプションサービス」に関しては、1.7ポイントの増加が見られました。

画像9

・現金一括購入:68.1%
・ローン(残価設定型):23.1%

・ローン(全額):19.2%
・サブスクリプションサービス:4.9 %
・カーリース:4.2%
・その他:0.5%

車のサブスクサービス、「Webサイトからでも申し込めるので便利」の声が昨対比3.0ポイント増で8.4%

Q9.「自動車のサブスクリプションサービスについて、あなたはどのように思われますか。」と質問したところ、「税金、任意保険料、メンテナンス費などの車に関わるあらゆる費用が一括で含まれているのが良い」が24.0%、「月々定額料金なので、出費が計算しやすいから良い」が20.8%という回答となりました。昨年と比較すると、「Webサイトからでも申し込めるので便利」の声が3.0ポイント増加しました。デジタル化が進むなか、外出せずともインターネット上で契約を行える点をメリットに感じる人が増えたのではないでしょうか。また、「自分の所有物にならないから嫌だ」の声は8.4ポイント減少しており、「車を借りる」ことに対する抵抗感の緩和がうかがえる結果となりました。

画像10

・税金、任意保険料、メンテナンス費などの車に関わるあらゆる費用が一括で含まれているのが良い:24.0%
・月々定額料金なので、出費が計算しやすいから良い:20.8%

・割高になりそうだから嫌だ :20.6%
・初期費用が少なく済むのが良い:19.8%
・新車を利用できるのが良い :17.5%
・月額料金が高いから嫌だ:17.0%
・自身の所有物にならないから嫌だ:12.6%
・Webサイトからでも申込みができるので便利:8.4%
・販売店でメンテナンスを受けられるのが良い:7.8%

世界で感染が急拡大している変異株「オミクロン株」の国内における感染確認など、withコロナの中で移動の意識は日々変容していきますが、KINTOではポストコロナ時代を見据え、人々の「移動」に関する意識調査を今後も実施していきたいと考えております。

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社KINTO
総合企画部 広報:岡部
※お問合せはこちらのフォームからお願いいたします

Thank you!
株式会社KINTO
クルマのサブスクやモビリティマーケットを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。