KINTO
新型ノアとヴォクシーがKINTOに登場/進化を遂げた一台をサブスクで
見出し画像

新型ノアとヴォクシーがKINTOに登場/進化を遂げた一台をサブスクで

KINTO

クルマのサブスクリプションサービスを展開する、株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:⼩寺 信也)は、本日発売された新型ノアとヴォクシーについて、WEBサイトとトヨタ車両販売店を通じて取扱いを始めました。

待望のフルモデルチェンジを機に、デザインや利便性、安全性など、あらゆる面で進化を遂げたノアとヴォクシー。クルマにかかる諸経費を月額利用料にコミコミにするサブスク・KINTOを通じて、イチオシのS-Gグレードの場合、ノアは月額26,070円(税込)から、ヴォクシーは月額26,510円(税込)から※¹ご利用いただけます。
〈詳細はこちら

■「進化」を遂げたノアとヴォクシーがKINTOで手軽に!

今回のフルモデルチェンジを経て、ノアは堂々とした王道感のある外観に、ヴォクシーは先鋭かつ独創的なスタイルに仕上がったほか、両手がふさがっている際に足をかざすだけでドアが自動で開閉する「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」※²などの便利な機能も設定。さらに、衝突回避や被害軽減に役立つ最新の「プリクラッシュセーフティ」のほか、渋滞の際、運転にあたっての認知・判断・操作をサポートする「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」※²など、最新の技術にもとづいた安全装備や先進機能を豊富に搭載しています。

こうした進化を遂げた一台が、自動車保険など、クルマにかかる諸経費を月額利用料にコミコミにし、WEBでのお申込みも可能なKINTOを通じて、手軽にご利用いただけます。

■新たに追加した「解約金フリープラン」でよりフレキシブルに

KINTOでは、昨年12月に、支払い方の新たな選択肢として、「解約金フリープラン」を追加し、既存の「初期費用フリープラン」とあわせて、2つのプランからお選びいただけるようにしています。

〈「解約金フリープラン」の特徴〉
〈1〉 初回の契約時に所定の申込金を支払っていただくことで、中途解約金がゼロに。

〈2〉 初回の契約時に設定する3年の利用期間の満了の際に、「これまでお乗りのクルマの『再契約』」も選択可能に。「再契約」は2回まで、1回あたりの利用期間は2年のため、最長7年利用いただけます。

〈3〉 「再契約」の際に、所定の申込金をその都度支払っていただくことで、初回の契約時に設定する3年の利用期間に比べて、月額利用料は約15%、さらに、2回目の「再契約」の際には約30%安くなるため、長く乗れば乗るほどリーズナブルに。

ABプラン比較表_fix

新たに追加した「解約金フリープラン」を通じて、「期間に縛られず、その時々の状況に応じて、クルマを利用したい」といったお客様のニーズにフレキシブルにお応えしていきます。
〈詳細はこちら

〈各プランの支払い例〉
・「初期費用フリープラン」の場合
※³

ノア初期フリ

ヴォクシー初期フリ


・「解約金フリープラン」の場合※³

解フリ


■ライフスタイルに合わせた特別なオプションパッケージも

新型ノアとヴォクシーでは、KINTOのベースのオプションパッケージに加えて、お客様のライフスタイルに合わせてお選びいただける特別なパッケージ※⁴も用意しています。

〈わくわくファミリーパッケージ〉
小さなお子様がいても安全に乗り降りいただけるよう、「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定するとともに、車外からのスマートフォンの操作で駐車・出庫が可能な「アドバンストパーク(リモート機能付)」などを搭載。

〈メーカーいちおしパッケージ〉
上記「アドバンストパーク(リモート機能付)」のほか、クルマを発進する際に、接近する車両への注意を喚起する「フロントクロストラフィックアラート」など、トヨタの最新の技術が盛り込まれた便利な機能・安全装備を搭載。
 
〈レジャー満喫パッケージ〉
ラゲージの使い勝手を高めるアイテムやアクセサリーコンセント、上記「フロントクロストラフィックアラート」など、レジャーを満喫するうえで便利・安心な装備を搭載。
〈詳細はこちら

※¹ いずれもハイブリッド仕様・2WD(7人乗り)、最安値パッケージ・追加オプション無し。「初期費用フリープラン」の7年契約、ボーナス月加算165,000円(税込)設定の場合。7年間の総支払い額は、ノアは4,499,880円、ヴォクシーは4,536,840円。

※² 一部のグレードのオプションには含まれていない場合がありますので、申込みの際にご確認をお願いいたします。

※³ いずれも税込。最安値パッケージ・追加オプション無し。

※⁴ 一部のグレードには含まれていない場合がありますので、申込みの際にご確認をお願いいたします。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。