KINTO
新サービス「KINTO FACTORY」を本日より開始/クルマ購入後の技術革新に合わせて最新機能の後付けなど「進化」をお届け
見出し画像

新サービス「KINTO FACTORY」を本日より開始/クルマ購入後の技術革新に合わせて最新機能の後付けなど「進化」をお届け

KINTO

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社KINTO(以下、KINTO)は、お客様がすでに購入されたクルマに、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、お乗りのクルマを最新の状態に「進化」させる挑戦として、新サービス「KINTO FACTORY」※¹を1月28日より開始しました。

「進化」の第一弾のメニューとしては、ブレーキをかける際の急激な揺れを抑えてクルマに乗るお客様の快適性を向上させる「なめらかブレーキ」(トヨタ初の機能)や、最新の安全装備の後付けなど、多彩なラインアップ※²を取り揃えました。なお、本サービスは、対象の車種や施工を対応する店舗を限定してスタートしつつ、お客様の利用状況などを踏まえてその内容を順次拡充することにより、挑戦をさらに加速させていきます。
〈「KINTO FACTORY」専用ページはこちら

※¹ KINTOが展開するクルマのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」とは別に立ち上げた新サービス。
※² 車種・グレードによって購入いただけるメニューは異なりますので、詳細は上記専用ページをご確認ください。

クルマの技術革新が日進月歩で進む中、お客様がクルマをお持ちになる期間の長期化を背景に、技術革新と、お客様のクルマにそれを反映するタイミングとの間にギャップが拡大し続けています。トヨタとKINTOは、こうした現状を変えるため、お客様がすでに購入されたクルマに、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、お乗りのクルマを最新の状態に「進化」させる挑戦を掲げています。

この挑戦で、トヨタは最新の技術を開発・商品化し、KINTOはクルマのサブスクリプションサービスで培ってきたお客様とつながりつづける知見やノウハウを活かし、商品をお届けする「プラットフォーム」の役割をそれぞれ担います。こうした両社の連携を基盤に、以下の3つの方法を通じて、「進化」の実現を目指していきます。

「進化」を実現するための方法

進化の方法

トヨタとKINTOは、この挑戦のスタートとして、本日より、新たなサービス「KINTO FACTORY」を開始し、まずは、対象となる車種をトヨタ・レクサスのあわせて8車種に設定するとともに、施工の対応を、東京都内と静岡県浜松市のあわせて29店舗に限定したうえで、「アップグレード」「リフォーム」のメニューをお届けしていきます。

第一弾のメニューとして、「アップグレード」は、ブレーキをかける際の急激な揺れを抑えて、クルマに乗るお客様の快適性を向上させる機能「なめらかブレーキ」(トヨタ初の機能)をソフトウェアの書き換えを通じて反映するほか、「パーキングサポートブレーキ(静止物)」といった最新の安全装備の後付け「ハンズフリーパワーバックドア」の後付け(販売済みの新車への後付けは本サービスで初めて可能に)などをご用意。一方、「リフォーム」は、シート表皮およびクッション部分の取り換え本革ステアリングホイールへの交換に対応するなど、多彩なラインアップ※³を取り揃えました。

※³ 「なめらかブレーキ」を反映いただける対象は、アルファードとヴェルファイアのハイブリッド車に設定。そのほか、車種・グレードによって購入いただけるメニューは異なりますので、詳細は専用ページをご確認ください。

〈「なめらかブレーキ」の反映〉

なめらかブレーキ

〈「パーキングサポートブレーキ」の後付け〉

画像3

〈「ハンズフリーパワーバックドア」の後付け〉

画像4

〈シート表皮およびクッション部分の取り換え+本革ステアリングへの交換〉

張替え


「アップグレード」と「リフォーム」のメニューは、今後の技術革新に合わせて増やしていくとともに、対象の車種や施工対応店舗も、お客様の利用状況などを踏まえながら順次拡大させていきます。さらに、「パーソナライズ」については、最先端の取り組みとして位置づけたうえで、お客様に早くお届けできるように、サービス化に向けて準備を進めていきます。

「KINTO FACTORY」サービス概要(開始時点)

サービス概要分割➀

サービス概要分割➁

サービス概要分割➁


クルマの技術開発が、従来のハードウェア中心から、ソフトウェアも活用する体制へ急速にシフトする中、「KINTO FACTORY」では、こうした時代の潮流に対応していくべく、ソフトウェアのメニューについては、将来、単体の商品として扱うとともに、お客様による継続したご利用を想定し、一回ごとの「購入」だけでなく、「サブスクリプション」の形式でお届けすることを目指します。

お客様にクルマをお届けして終わりでなく、お届けしたあとも、付加価値を継続的に提供していくことにより、お客様がそのクルマをより深く愛していただけるようになる世界の実現に向けて、今後、挑戦をさらに加速させていきます。

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社KINTO
マーケティング企画部 井田
※お問合せはこちらのフォームからお願いいたします。





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
KINTO
クルマのサブスク、モビリティマーケット、KINTO FACTORYを展開する「KINTO」(キント)の公式noteです。 最新オフィシャル情報を発信しています。